■技術懇親会のご案内
技術懇親会のご案内
 粉体材料は固体物質のひとつですが、粉体粒子のサイズをどんどん小さくしていくと、元の固体物質とは全く違った性質や新しい機能が発現しますので、思わぬビジネスのきっかけになる可能性を大いに秘めています。近年、粉体処理技術が急速に進歩し、現在では10億分の1メートルサイズ(ナノサイズ)の超微粒子まで製造可能となっています。技術立国を目指す我国の最近の科学技術の最重点分野で「ナノ」「バイオ」「IT」が指定されているように、新ビジネスの創造や現ビジネスの強化につながる期待から、産学官あげてその技術開発に取り組んでいます。応用分野が広く、中小企業に適したテーマと云えます。利用分野としては各種工業材料やIT関連材料をはじめ、最近では医薬品、化粧品、食品、生体材料、色材などの分野に拡大し、さらに様々な分野への拡大が進んでいます。粉体の性質を制御することにより、新素材や新規材料を生み出すことができますので、今後ますます注目を集める技術分野です。

 そこで今回は、この分野での産学連携の事例紹介も兼ねて、大阪府立大学の2名の講師をお迎えしてご講演をお願いします。綿野 哲教授には「機能性微粒子の設計とその応用」と題して、また、岩崎 智宏准教授には「乾式機械的処理法による微粒子の高付加価値化」についてお話していただきます。講演後には研究施設を見学し、最後には参加者全員による交流の場もご用意しております。  つきましては、日頃より新素材・新材料の開発や粉体化技術、産学官連携に高い関心をお持ちの貴社に、ビジネスへ適用・成功の一助となりますようご案内申し上げます。
開催要領 参加申込書 会場案内

開催日  :  平成20年2月8日(金)
会 場  :  大阪府立大学 学術情報センター
主 催  :  主催
 

Copyright (C) 2007 The Resona Foundation For Small And Medium Enterprise Promotion. All Rights Reserved.