■技術懇親会のご案内
技術懇親会のご案内
 金属錯体は金属原子を中心として、周囲に配位子(有機化合物)が結合した構造の化合物で、身近な例では、ヘモグロビンやクロロフィルなどの生理活性化合物も金属錯体であり、歴史的には古くから研究されてきた化合物です。光、電気、磁気、触媒などの特性について多くの研究例がありますが、最近では、これらの性質を複合化した様々な特性を持つ複合機能錯体が盛んに研究されています。また、この分野の研究は日本発の新しい産業分野を切り開く貴重な技術でもあり、ビジネスへの応用が期待されています。
 そこで今回は、大阪府立大学より4人の講師をお迎えして、下記についてご講演をいただき、具体的に提案できる技術及び応用展開をご紹介します。
 また、講演後には研究施設を見学し、最後には参加者全員による交流の場もご用意しております。
つきましては、日頃より新技術や産学官連携に高い関心をお持ちの貴社に、ビジネスへの応用・成功の一助となりますようご案内申し上げます。
◆講 演
 @『有機EL用りん光性有機金属錯体の開発』
    講 師 大阪府立大学大学院工学研究科 准教授 八木 繁幸氏

 A『水素発生錯体』
    講 師 大阪府立大学大学院理学系研究科 講師 竹本  真氏

 B『錯体触媒による環境にやさしい化学反応』
    講 師 大阪府立大学大学院工学研究科 助教 野元 昭宏氏

 C『分子性磁性伝導体』
    講 師 大阪府立大学大学院理学系研究科 准教授 藤原 秀紀氏

◆見 学  研究施設等の見学

◆交流会  講師・大学スタッフ・参加者全員による懇親会(立食形式)
(ご参考) 開催要領 会場案内
■日 時 平成22年7月2日(金) 13:30〜18:45
■会 場 大阪府立大学 中百舌鳥キャンパス
■主 催

公益財団法人 りそな中小企業振興財団
 

Copyright (C) 2009 The Resona Foundation For Small And Medium Enterprise Promotion. All Rights Reserved.