■技術懇親会のご案内
技術懇親会のご案内
 近年、ロボット技術は、医療福祉や防災、エンターテイメント等私たちの身近なところまで浸透し、今後更なる実用化が期待されています。電気通信大学は、国立理工系大学として、情報・通信・ロボット等科学技術において高度な専門性を持つ多くの技術者・研究者を輩出しています。そこで今回、同大学より2名の先生をお招きし、最先端のロボット技術と応用のご紹介として、下記テーマについてご講演いただきます。講演後には大学研究室の見学、最後には参加者全員による懇親会を予定しております。つきましては、関連業界の皆様へ、ビジネスの一助となりますようご案内申し上げます。
◆講 演
 ◇「空飛ぶロボットと脳で操作するロボット」
  講師: 田中 一男 氏
      電気通信大学 情報理工学研究科 知能機械工学専攻 教授
  概要: 当研究室では、非線形制御の最先端理論構築とその産業応用への積極的展開、飛行ロボットの開発と制御および脳波信号でロボットを制御するBrain-Machine Interface(BMI)の応用研究を行っています。本講演では、空飛ぶロボットとして、ビジョンセンサによるヘリコプタの安定化制御、パッシブ安定化機構を備えた飛行ロボット開発、羽ばたき飛行ロボットの開発、ユニークな飛行原理を適用したロボットの開発と風力発電システムの展開を紹介し、さらに、脳で操作するロボットとして、我々が開発したTraining-freeのBMIシステムを車椅子の操作に適用した応用事例を中心にお話しします。

 ◇「スケーティングロボット、管内走行ロボットと段差昇降ロボット」
  講師: 田口 幹 氏
      電気通信大学 産学官連携センター 産学官連携支援部門 准教授
  概要: 当研究室では主として移動ロボットの研究を行っています。今回は簡単にこれまでの研究内容を紹介し、その中から@インラインスケートを利用して平坦な床面では高速移動を行う2足のヒューマノイド型スケーティングロボット、A直径100mmの鋼管内部を移動して検査等を行う管内走行ロボット、B平坦な床面では車輪により移動し、階段等を 本研究室で開発した「回転足機構」によって昇降する段差昇降ロボットについて説明します。

◆施設見学

◆交流会  参加者全員による立食形式の懇親会
(ご参考) 開催要領  会場案内
■日 時 平成22年11月16日(火) 13:30〜18:00
■会 場 電気通信大学 産学官連携センター 415号室
■参加費 無料(交流会を含む)
■募集締切 平成22年11月11日(木)
■主 催 公益財団法人 りそな中小企業振興財団
■共 催 国立大学法人電気通信大学 産学官連携センター
 

Copyright (C) 2010 The Resona Foundation For Small And Medium Enterprise Promotion. All Rights Reserved.