■技術懇親会のご案内
京都工芸繊維大学(KIT)「技術交流会」のご案内
技術懇親会のご案内
 京都工芸繊維大学は、前身である京都高等工芸学校及び京都蚕業講習所の創設以来、110余年の歴史の中で、「知と美と技」を探求する独自の学風を築き発展してきた工科系国立大学です。“伝統産業と先端産業の融合”、“地域資源と先端技術の融合”を目指し、新たな価値創造に向けて地域社会連携を積極的に推進しています。
 そこで今回は、“伝統技能と先端技術の融合とはどういうものか”に焦点をあて、同大学院工芸科学研究科の3名の先生方を講師に迎え、下記の通り講演をお願いしています。また、講演後には美術工芸資料館「京都工芸繊維大学教員展U」を視察し、交流会での懇親の場もご用意しています。
 つきましては、伝統技能と先端技術の融合や産学連携にご関心の高い貴社へ、ビジネスの一助となりますようご案内申し上げます。
◆講 演 会
◇「マイクロ・ナノ加工が拓く新たな表面機能」
 講師:京都工芸繊維大学 大学院工芸科学研究科 機械システム工学部門 教授 太田 稔 氏
 
◇「伝統技能の『間』と『按配』を活用したロボット技術」
 講師:京都工芸繊維大学 大学院工芸科学研究科 先端ファイブロ科学部門 教授 森本 一成 氏
 
◇「商品の魅力をつくるプロダクトデザイン」
 講師:京都工芸繊維大学 大学院工芸科学研究科 デザイン学部門 教授 山本 建太郎 氏

◆見 学 会 美術工芸資料館「京都工芸繊維大学教員展U

◆交 流 会 参加者全員による立食形式の懇親会・名刺交換会
(ご参考)開催要領  会場案内
■日 時 平成24年7月20日(金) 14:00〜18:30
■会 場 京都工芸繊維大学 松ヶ崎キャンパス (京都市左京区松ヶ崎橋上町)
■参加費 無料(懇親会を含む)
■募集締切 平成24年7月18日(水)
■主 催 京都工芸繊維大学 創造連携センター・ものづくり教育研究支援センター /
公益財団法人 りそな中小企業振興財団
 

Copyright (C) 2009 The Resona Foundation For Small And Medium Enterprise Promotion. All Rights Reserved.