■首都大学東京 技術懇親会のご案内
 
技術交流会のご案内
 IoT(Internet of Things)とは「モノのネットワーク化」であり、2020年には200億個とも500億個ともいわれるデバイス群をネットワーク化した社会が出現すると言われています。そこで取り交わされる情報量は膨大で、それらを活かした新たな製品やサービスが生み出されることが予測され、いち早くIoT活用ができた企業には未来社会での成長が期待されています。
 そこで今回は本学の3名の教員により、IoT活用についてご講演をいただき、具体的に提案できる技術やサービスについてご紹介します。また、講演後には研究施設の見学会と懇親の場もご用意しています。
 つきましては、日頃より IoTに関する考察や関連ビジネスの展望、また産学連携への高い関心をお持ちの貴社に、ビジネスのヒントのひとつとして頂くべく、ご案内を申し上げます。
参加申込書    開催要領      会場案内

◆講 演 会  
 テーマ@ 「IoT/ M2Mサービスを支える情報ネットワーク技術」     
  講師 : 朝香 卓也 氏 首都大学東京 システムデザイン学部 経営システムデザインコース 教授
    講演概要:  本講演ではIoT/M2Mサービスを支える情報ネットワーク技術として注目されているセンサネットワークやすれ違い通信等について概説し、講師が現在取り組んでいる甚大災害の検出を想定したイベント駆動型センサネットワークやP2P型センサネットワーク、さらには緊急情報配信のためのすれ違い通信技術等について紹介します。
 テーマA 「バイオメトリクスとUX / UIメトリクス」
  講師 :西内 信之 氏  同大学 同学部 経営システムデザインコース 准教授
    講演概要:  ネットワークに接続される様々なデバイスとユーザの間で近年注目される重要な要素が、ユーザを認証するバイオメトリクスと、ユーザの使いやすさや体験を測定して評価するUX/UIメトリクスです。本講演では、これらに関連する事例を紹介します。
 テーマB 「動画像解析技術による映像活用の可能性を探る」
  講師 :田川 憲男 氏 同大学 同学部 情報通信システムコース 教授
    講演概要:  カメラ撮影系が容易に構築可能となり、映像はIoTにおける中心的な情報となっています。また、見守りや車の自動運転など、動画像解析の重要性・利便性が謳われています。本講演では、個人認証、スポーツ解析、超音波診断への動画像解析の応用を紹介しながら、映像の高付加価値化について考察します。
◆見 学 会  新研究棟を中心とした研究室ツアー
◆交 流 会  参加者全員による立食形式の懇親会
 
 
日   時 平成28年 2月17日(水)13:30〜18:30
会   場 首都大学東京 日野キャンパス 2号館 2階 A講義室
参 加 費 無料(交流会を含む)
募集締切 平成28年 2月15日(月)
主   催 公立大学法人 首都大学東京 /  公益財団法人 りそな中小企業振興財団
 
 

Copyright (C) 2014 The Resona Foundation For Small And Medium Enterprise Promotion. All Rights Reserved.