home
【売込みニーズ】

【産業機器】

登録番号 N−04−71

省エネ・環境浄化機能を持つ平行流エアカーテン装置

 渦流を含まない平行気流幕で構成された床定置式エアカーテン装置。吹出しエルボ、有圧換気扇、吸込みエルボおよびプレフィルタを内蔵した直方体の筐体2個を対面倒立した構造で、空調建屋の出入り口に設置して冷暖気の漏出を遮断する。
 エアカーテン噴流幕は吹出し口端で平行気流膜コアが形成され、続いて混合気流幕が形成される。平行気流膜コアは渦流を含まないため強固で、気流遮断性能に優れる。従来のエアカーテンは平行気流膜コアと混合気流幕を同時に使用しているため遮断性能は低い。同装置は吹出し口に案内羽根入り吹き出しエルボを使用して平行気流膜コアのみで気流幕を形成。これにより高度な気流遮断性能を実現した。平行気流膜コアは幕全面に0.2m/秒の誘引流が発生し、室内に掃気回転流が形成され、室内浮遊粉塵がエアフィルタで捕集されて室内浄化も可能。

(1) 空調工場・店舗などの開放出入り口の冷暖気漏出遮断における空調動力の省エネ
(2) 花粉や放射性浮遊塵・PM10などの屋内外の浮遊塵の侵入防止
(3) 感染症媒介蚊の捕集

(1)形 態

特許実施権供与、共同研究開発、応用開発委託

(2)相手先

大企業または中堅企業

(3)地 域

国内に限る

[試 作・実 験]

完了

[製造・販売実績]

有り

[技術情報の提供]

技術資料、特許公報等

[情報提供者]

(有)川野技研
代表取締役社長 川野 通彦

[連絡先]

(公財)りそな中小企業振興財団
TEL.03-3444-9541 FAX.03-3444-9546

特許番号:

特許第5881227号

登録日:

平成28年2月12日

発明の名称:

エアカーテン装置

発明者:

川野 通彦

特許権者:

(有)川野技研


米国および中国に特許出願中

 

2017/02