home
【売込みニーズ】

【工具・部品】

登録番号 N−06−31

耐熱・耐摩耗用ライニング材に適した耐摩耗複合ライナの製造技術

 耐摩耗用のハイクロムライナに高硬度のタングステンカーバイド(WC)やチタンカーバイド(TiC)などの粉砕粒を混入して鋳込むことにより、片面にこれらの粉砕粒を豊富に混在させた複合ライナを製造する技術。産業廃棄物として廃棄されている使用済み研削バイトチップなどの有効利用が見込まれる。
 耐摩耗複合ライナは片面がハイクロム鋳鉄の中にWCやTiCの粒が混在し、片面はハイクロム鋳鉄だけの2層構造。ハイクロム鋳鉄の硬度はビッカースHvで約700程度であるが、WCやTiCは1000程度である。このため、ハイクロム鋳鉄とWC、TiCの混合層の耐摩耗性能は非常に高くなる。また、WCやTiCの硬度は300℃程度まではほとんど低下しないため、高温での耐摩耗性能も高い。ただし、従来のハイクロム鋳鉄に比べて価格は若干高め。

(1) 材料を貯蔵するホッパーやベルトコンベアシュートなどの耐摩耗用ライニング材
(2) 溶鉱炉や電気炉の耐熱・耐摩耗用ライニング材

(1)形 態

特許実施権供与

(2)相手先

問わない

(3)地 域

国内・海外いずれでもよい

[試 作・実 験]

 完了

[製造・販売実績]

 無し

[技術情報の提供]

 技術資料、特許公報等、
 サンプル

[情報提供者]

 マフレン(株)
 代表取締役 大徳 一美

[連絡先]

  (公財)りそな中小企業振興財団 事務局
TEL.03-3444-9541 FAX.03-3444-9546

特許番号:

特許第6064120号

登録日:

平成29年1月6日

特許権者:

マフレン(株)

発明者:

大徳 一美

発明の名称:

耐摩耗複合ライナの製造方法

出願番号:

特願2015-000008

出願日:

平成27年1月4日

2017/03