home
【売込みニーズ】

【成形・加工】

登録番号 N−08-30

角パイプおよびフラットバーのねじり加工とR曲げ加工

 直線状で中が空洞の角パイプ(正方形・長方形)、平楕円パイプおよびフラットバーのねじり加工技術。ねじり加工を施すことで従来の金属では表現できない柔らかさが演出でき、デザイン的な拡がりが可能となる。さらにR曲げ加工を加えることで斬新な発想やイメージが湧き、加工品の新たな用途展開が見込める。
 角パイプの内部に独自のプラスチック素材を装填し、隙間は砂、松ヤニ、ロウ、米粒などで埋める。その両端を自社開発の機械にセットし、外側へ引く力を加えながら回転させてねじリ加工する。美観性の向上ばかりでなく、軽量化や横からの圧力(応力)への耐性強化を実現した。現在のところ50o×50oの角パイプまで加工できる。

(1) 花立て・ペン立て・オブジェ
(2) フロアシステム関連部材
(3) 建造物の目隠し
(4) 耐震性強化用の柱

(1)形 態

部品・製品の供給

(2)相手先

問わない

(3)地 域

国内・海外いずれでもよい

[試 作・実 験]

 完了

[製造・販売実績]

 無し

[技術情報の提供]

 サンプル

[情報提供者]

 (株)仁 伊丹製作所 伊丹 尊志

[連絡先]

  (公財)りそな中小企業振興財団 事務局
TEL.03-3444-9541 FAX.03-3444-9546

無し

2015/03